電気製品を自作する時のコツや注意点について

電気製品自作初心者ならキットを利用しよう!

電気製品は一定の知識と技術が無いと、何もない状態から自作するのは難しいです。そこで「興味はあるけれど自信がない」という人にお勧めなのが、「キット」を組み立てる事です。これなら部品を1から揃える必要もありませんし、説明書に従って組み立てていけばいいので、初心者にはもってこいと言えるでしょう。例えばラジオなどは、組み立てキットが市販されている電気製品の代表格です。組み立てあげて、音が流れたら、達成感もひとしおではないでしょうか。ここで自信をつけたら、小型扇風機や照明器具など、他の者へ挑戦してみるのもいいでしょう。

ある程度自信がついたら1から自作してみましょう

電気製品は一定の知識と技術が無いと自作は難しいですが、物によっては単純で簡単な造りの物もあります。本格的に自作を始めるのであれば、まずは簡単な物から作って、経験と技術を磨いていく方法もコツの一つと言えます。しかしいくら単純な構造のものとはいえ、作業手順をおさえておく事は欠かしてはいけません。このため、何を作るとしても「制作マニュアル」を準備しておくのが自作の大きなコツと言えます。制作マニュアルは雑誌などの紙媒体のほか、インターネットでも入手することが可能です。

自作をするうえで注意しておかなければいけないこと

電気製品を自作する上での大きなコツであり注意点であるのが、「安全性」です。電気製品はほぼ全部が、配線の組み合わせにより作動します。配線を間違ってつないでしまうと、マシントラブルが想定されるだけでなく発熱による発火などの危険性が生じます。いくら便利な物でも危険な物は安心して使えません。よって、作る工程において配線を正しくつなげられているかどうかは、十分すぎるほどの確認が大事になってきます。

プリント基板実装は基盤以外にもハーネスなどの設計や調達も行ってくれるので、便利な技術サービスを提供してくれます。