知っておきたい!1000円カットの失敗を避けるコツ

切ってもらいながら髪型を決めるのは困難

1000円カットの料金の安さは、カット時間の短さにも由来しています。それはすなわち、美容室のように髪型について随時相談をしながらカットを進めることは基本的には難しいということにもなります。「どんなふうに切ってもらいたいかはカットの直前に伝えた内容がすべて」と考えておくくらいが丁度いいです。髪型のイメージを事前にきちんと言葉にしておくのがおすすめです。

曖昧なオーダーは避けたほうが無難

1000円カットの担当者には、オーダー内容をできるだけ具体的で明確に伝えるのが大切です。単に「短くしてほしい」とか「軽く整えてほしい」のような曖昧な表現をしてしまうと、カット担当者によってぶれが生じることもよくあります。最悪の場合、意図した長さよりもかなり短くカットされてしまったり、切ってほしいところに全く手を入れてもらえなかったりという事態にもなりかせません。髪型のオーダーでは「前髪を3センチほど切ってほしい」「バックとサイドを9ミリで刈上げてほしい」のように「どこを」「どれくらい」を明確にすると失敗しにくいでしょう。

店舗や時間帯によっては待ち時間があることに注意

事前に予約する手間がなく、10分程度でサッとカットしてもらえるのが1000円カットの大きな魅力と言えます。ただし、店舗の場所や時間帯によってはかなり混雑する場合もあることに注意が必要です。特に、大きな駅の近くや、週末の昼の時間帯などは混みやすく、「カット時間は10分程度なのに、待ち時間は30分以上もあった」ということさえ起こりかねません。「目星をつけた店舗が混雑する時間帯はいつ頃か?」「混雑状況によって使い分けられるよう、1000円カットの店舗が徒歩圏内に複数あるか?」を事前に下調べしておくのが効果的です。

短時間でヘアカットができる1000円カットが男性だけではなく女性の間でも人気となっています。個人のヘアサロンでしたら、1000円カットのFC開業展開を考えてみてはいかがでしょうか?