トランクルームとは違う?貸倉庫を利用するメリットとデメリット

貸倉庫を利用するメリット

不要になった荷物を預けられるレンタルサービスの需要が増加傾向にありますが、場所によってそれぞれメリットやデメリットが違います。貸倉庫を利用する大きなメリットは許容量の多さです。貸倉庫は荷物の収納に貨物用のコンテナなどを利用するため、一般的なトランクルームに比べて大容量の荷物を預けることができます。バイクや自転車はもちろん、食器戸棚のような大型家具も預けられるので自宅のリフォームをする時に家中の荷物を預ける人も少なくありません。

昼夜を問わず自由に出入りができる

屋外の敷地を利用する貸倉庫は利用する時間に制限が設けられていないケースが多く、24時間自分の好きなタイミングで荷物の出し入れができます。屋内型のトランクルームのようにスタッフの立ち合いなども必要としないので、待たされる心配がありません。夜間であれば他人に荷物を見られることもないのでプライバシーも守られます。

利用におけるデメリット

メリットも多い反面、貸倉庫だからこそのデメリットもあります。その一つが気温を始めとした室内環境の問題です。荷物の預け入れに利用するコンテナは鉄でできているため外気に影響されやすいという特性があります。気温が高くなる夏場は必然的に室内温度も上昇し、冬場は冷蔵庫と同程度まで温度が下がることも珍しくありません。食品を始めとした温度管理が重要となる物を預けるのが難しいという点は貸倉庫ならではのデメリットと言えます。また屋外型は24時間出入りが自由になるため、荷物の盗難にも注意が必要です。

サードパーティー・ロジスティクスの略称である3PLは、第三者企業に物流部門を委託する業務形態を意味する言葉です。