どうしたらいい?狭い家に住む子どものプライバシー確保

狭い家で子どものプライバシーを確保するには

それぞれの子どもによって違いはありますが、小学校の低学年くらいまでなら、自分の部屋を欲しがることはそれほど多くないかもしれません。しかし小学校の高学年や中学生になると、半数以上の子どもが自分の部屋を欲しがっています。その理由は、家族であっても干渉されたくない時があるということです。とはいえ、家族構成や家の間取りによっては、簡単ではない場合もあるでしょう。そんなときには工夫をしてプライバシーを確保してあげるのがおすすめです。

2段ベッドを中心に部屋を2分割

1つの部屋を兄弟・姉妹で使用している場合には、2段ベッドを部屋の中心に置き、その両側に1人ずつのスペースを設ける方法があります。上段は右・下段は左というように、ベッドの片側を板や布でふさいでしまえば簡易的な壁となり、それぞれのプライバシーは守られるでしょう。もちろん独立した部屋とは違い、同じ室内のため相手側の声や音は聞こえてしまいます。しかし、何も無いよりは自分だけのスペースを持てるので、落ち着いて過ごすことができるのではないでしょうか。

ベッドにカーテン・勉強机の間を本棚で仕切る

部屋の中心に2段ベッドを置いて部屋を分けるには、ある程度の広さが必要です。しかし狭い部屋の場合には、机や本棚を置くスペースがなくなってしまうこともあるでしょう。そんな場合にはベッドを部屋の片側に配置し、限られたスペースで最大限プライバシーを確保するしかありません。そのためベッドにはカーテンを取り付けます。さらに残りのスペースの中心に、高さのある本棚やカラーボックスなどを配置し、収納しながら仕切りを作りましょう。

機密文書は、文書内容の重要度や影響力に応じて、最も高いものから、極秘文書、秘文書、社外秘文書という順にランク付けられています。ランクが高い文書ほど、文書の情報を共有するべき人数が制限されます。