レンタル倉庫はいくつかある!種類を把握しておくと便利

トランクルームの特徴を把握しよう

トランクルームはビル内に設置された個室に物品を預ける事ができるサービスです。倉庫業法では事業者がトランクルームをするためにハード面とソフト面の要件を満たすように義務付けられているのが特徴です。国から認定されたトランクルームは専用のマークを掲げることができます。また認定番号も同時に記載されているのでチェックしてみましょう。基本的にトランクルームはセキュリティレベルの高さが売りです。安心度も高くすべての部屋はカードキーなどにより入室が制限されています。またビル内に入るときは監視カメラで人をチェックしているのが特徴です。

レンタル収納スペースは建物内のスペースを利用できる

不動産会社などが運営しているサービスにレンタル収納スペースがあります。倉庫やビルの一室を区切って預かったものを保管できるのが特徴です。セキュリティレベルは高く空調管理も整っています。利用者は区分されたスペースを利用できます。制限は特になく24時間自由に使う事が可能です。ただし預けた荷物が盗難にあっても責任を負ってくれないのがデメリットです。大事なものはトランクルームに預けるのが適切です。メリットはトランクルームと違っていつでも取り出しが自由なことなので、これを活かして一定期間ごとに使用する物を保管をするのも良いでしょう。

コンテナはガレージとしても利用可能

コンテナの中に荷物を預けることができるサービスもあります。屋外に設置されたコンテナを使用して物を保管できるのが特徴です。バイクのガレージなどにも利用できるのが強みです。24時間いつでも利用できることからガレージとしても重宝します。

物流は商品の入荷や顧客への発送など企業を活性化させるためにも重要な役割を担っています。滞りなく機能することで安心と信頼を保てます。