あなたにもできる!新入社員研修を成功させるコツ

新入社員研修を成功させるためには

新入社員が入社してきたら、研修担当者には研修を成功させることが求められます。研修ですべてを把握するのは中々難しいかもしれませんが、仕事の概要や理解のきっかけを掴むための機会ですので会社の中でも重要なイベントとなります。研修を成功させるためのコツとしていくつかありますが、まず会場を確保することが大切です。これは基本中の基本で、慌てて会場を確保したものの人数が多すぎて入りきらないという場合も考えられます。そのため、研修人数が決まった時点で予約をする必要があるのです。

次に、内容を練る必要があります。中身のない研修では単なる時間の無駄に終わってしまうかもしれません。そのため、短い研修期間の中で新人に何を学んで欲しいのかを明らかにし、いつでも研修内容を振り返ることができるように、テキストを充実させることが求められるのです。また、時間配分をきっちり行うためにリハーサルや忘れ物が無いようにしっかりと確認することも大切です。せっかく準備したのに忘れてしまっては、自分も困りますし何より新人のやる気を阻害してしまう可能性があるのです。

次年度の研修はどうするか

その年の研修が成功したからと言って、次年度以降も同じ研修をするのは良くないとされています。なぜなら、社会は常に変化しそれに対応して会社に求められるものも変化していくからです。そのため、次年度に入っても研修担当者は会社で求められていることをしっかりと把握し、テキストや進行を改善していく必要があるのです。

管理職研修とは、管理職の育成を目的として行います。管理職に必要なスキルや知識を学び、スキルや生産性の向上を目指します。