実は作れちゃう!自作してみよう電気製品!

パソコンを自作してみよう!

パソコンを自作するとなればハンダ付けや工業系の学校を出ていないとできないくらい専門知識が必要なのかと思っている方もいるはずですが、実は専門知識がなくてもパソコンを自作することは可能です。パソコンのケースやマザーボード、ハードディスクにCPUなどのパーツをそれぞれ揃えればパソコンを組むことはできます。ただ、どこにどのパーツを配置・接続するかやパーツとマザーボードとの互換性などについて調べる必要はあります。一つ配置を間違えるとそれだけできちんと動作しなくなってしまうので注意が必要です。また、静電気があるとそれだけで故障してしまう場合もあるので、他の金属へ触れるなどして放電をしてから作業に取り掛かるようにしましょう。

自作は難しいこともある!

パソコンはハンダの技術がなくても組むことはできます。パーツを組み合わせて配線すればできるので、自作できる電気製品の中では初心者でも始めやすいので魅力的です。ただし、作りたい電気製品によっては専門的な技術が必要になります。特に電気系統を操作したりコンセントへとつなぐ必要があったりして、資格を有していなければ組み立てられない製品もあります。ハンダ付けは資格がなくてもできますが、電気製品によっては非常に細い部分をハンダ付けをする必要があり、中には髪の毛一本分ほどということもあります。大変ではありますが、きちんとハンダ付けができていないとショートや感電といった事故に繋がりかねません。資格や技術も大切ではありますが、経験やノウハウも重要なのです。

ワンストップソリューションでプリント基板設計から製造や実装、量産までインターネット上で提供する会社があります。